【新潟の歯医者】子供の歯列矯正におすすめのタイミングは?医療費控除も解説

子供の歯列矯正のタイミングでお悩みの方は少なくありません。矯正は、適切な時期を見極めることが大切です。本記事では、子供の歯列矯正のタイミングと医療費控除についてご紹介します。

竹内歯科クリニックは新潟市の歯医者です。近隣で歯列矯正についてお悩みの方は、ぜひご相談ください。

子供の歯列矯正におすすめのタイミング

子供の歯

子供の歯列矯正のタイミングは主に2つの時期に分けられます。

1.第一期治療

第一期治療とは、乳歯が生え残っている3歳から10歳前後ぐらいの時期に治療することです。

乳歯と永久歯が混ざり合っている状態が多く、治療目的は歯並びよりも顎や骨格の矯正がメインとなります。大人になる前の土台作りといえるでしょう。

同時に、指しゃぶりや舌を出してしまうといった、顎の成長に関わる癖も正していきます。顎のバランスは大人よりも子供のときのほうが治しやすいため、第一期治療時に大元の原因を解決しておくのです。

2.第二期治療

第二期治療とはすべての歯が永久歯に生え変わってから行う治療です。おおよそ12歳以上の方が対象になります。第二期治療では歯並びをメインに治療を行います。骨格の歪みがなければ、歯列矯正を第二期治療から始めるケースもあるでしょう。

新潟の歯医者・竹内歯科クリニックでは、歯列矯正や虫歯治療、インプラントなどを行っています。歯医者嫌いのお子様には、まずは歯医者の通院に慣れるための練習や痛みの少ない治療がおすすめです。

治療が不安という方は、ぜひ新潟市の竹内歯科クリニックまでご相談ください。

子供の歯列矯正は医療費控除の対象になる!

案内をする白衣の女性

成長途中の子供にとって、顎の骨格や歯並びが非常に重要な意味を持ちます。よって、子供の歯列矯正は医療費控除の対象になる治療です。

対象年齢の上限ははっきりとは決まっていませんが、一般的には中学生ぐらいまでといわれています。治療前に、お住まいの地域の税務署で確認をするとよいでしょう。

大人になってから外見を整える目的で行う矯正は、控除の対象になりません。「噛み合わせが悪くて物が食べにくい」「歯並びが悪いせいで発声がしにくい」といった症状があるなど、機能に問題がある場合は対象になります。

お子様の歯列矯正について、費用面だけでなく食事や外見の不安がある方は、早めに歯医者で相談するのがおすすめです。

新潟の歯医者・竹内歯科クリニックでは事前に丁寧なカウンセリングを行います。治療方法や費用など不安な点を解決してから治療を進めますので、ご安心ください。一人ひとりに合わせたおすすめの治療法を提案いたします。治療や矯正で心配なことがあれば、ぜひ竹内歯科クリニックまでお問い合わせください。

新潟で歯医者をお探しなら竹内歯科クリニックへご相談ください

子供の歯の健康を守るためにも、状況と時期を見極めて治療を行いましょう。治療をする時期は年齢や歯の状態によって変わります。しっかりとカウンセリングを行う歯医者を選んでください。費用の負担を少なくするだけでなく、子供にとって負担の少ない治療方法を選択しましょう。

新潟の竹内歯科クリニックでは、診療中の患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。治療に対する不安があれば、気軽に相談できる環境です。新潟市で通いやすい歯医者をお探しの方は、ぜひ竹内歯科クリニックにお立ち寄りください。

新潟の歯医者で歯列矯正の相談をするなら竹内歯科クリニックへ

医院名 竹内歯科クリニック
住所 〒950-0212 新潟県新潟市江南区茜ケ丘7-1
電話番号 025-385-5016
FAX 025-385-5017
URL https://www.takeuchi-shika.com
診療時間 月~土 9:00~12:00/14:00~19:00
休診日 日・祝日

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております