【新潟】歯医者のオフィスホワイトニングのメリット・デメリット義歯のホワイトニング

歯医者で行うホワイトニングは、市販の歯磨剤を用いて行うホワイトニングとは違うことをご存知でしょうか?ホワイトニングの種類、歯医者で行うオフィスホワイトニングのメリット・デメリットを、新潟市江南区にある竹内歯科クリニックがご説明します。

また、天然歯だけでなく、義歯の黄ばみもホワイトニングできるのか、という点についてもご説明しますのでご覧ください。

ホワイトニングの種類

歯科でホワイトニングを受ける女性

ホワイトニングには、自宅で行うホームホワイトニング、歯医者で行うオフィスホワイトニング、両方を併用して行うデュアルホワイトニングの3種類あります。

市販の歯磨剤にもホワイトニング歯磨剤と表記されているためよく勘違いされがちですが、歯磨剤を用いたセルフホワイトニングは、歯医者で行うホワイトニングとは全く別物です。

歯の表面に付いた着色汚れを除去するのみで、漂白成分で歯そのものの白さを高めるわけではありません。

歯医者で行うホワイトニングの中で、変化を実感しやすいのは、デュアルホワイトニングになります。ご自宅でホームホワイトニングを行いながら、定められた間隔でオフィスホワイトニングを受けるため、歯の白さを維持しやすいためです。ただし、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方の費用がかかってしまうため、費用が高額になることがデメリットと言えます。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

天秤に乗ったMERITとDEMERIT

歯科衛生士が丁寧に歯のクリーニングからホワイトニングまで行うので、ホームホワイトニングのように自分で行う手間がかかりません。施術時間もホームホワイトニングより短時間で済むため、お仕事などでお忙しい方でも手軽に始められます。

ただし、オフィスホワイトニングにもデメリットがあります。薬剤の濃度が濃いため、施術中に痛みが出る可能性があります。また、短期間で白くすることができる分、色戻りも起こりやすいです。

そのため、色がつきやすい食事を制限する必要があり、喫煙やワインなどの嗜好品を好まれる場合、歯の白さを維持しにくいこともあります。

黄ばんでしまった義歯をホワイトニングしたい時は?

天然歯だけでなく、義歯や被せ物に付着した黄ばみ汚れが気になるという方もいらっしゃると思います。義歯や被せ物の素材がプラスチックの場合、経年劣化で変色したり、においがつきやすくなったりします。

しかし、義歯や被せ物に付着した汚れは、ホワイトニングで落とすことはできません。義歯や被せ物に付着した汚れは、歯医者でクリーニングすることで、ある程度落とすことができます。

普段のケアで研磨剤入りの歯磨材を使用しないなど、表面に細かな傷をつけないようなお手入れを心がけると、黄ばみ汚れを防ぎやすくなります。

新潟で歯医者にご相談がある方は竹内歯科クリニック

輝く白い歯はより笑顔を引き立てます。ホワイトニングは、歯を削ることなく白い歯にすることができるので、手軽に始められるのがメリットです。新潟でホワイトニングを行う歯医者なら、新潟市江南区にある竹内歯科クリニックにご相談ください。

歯科衛生士が丁寧にホワイトニングを行います。天然歯だけでなく、義歯の黄ばみ汚れなどのお悩みもお聞きします。様々な面からサポートが可能ですので、新潟で歯医者をお探しの際は、新潟市江南区の竹内歯科クリニックへお問い合わせください。

新潟の歯医者で歯のホワイトニングをお考えの方は竹内歯科クリニックへ

医院名 竹内歯科クリニック
住所 〒950-0212 新潟県新潟市江南区茜ケ丘7−1
電話番号 025-385-5016
FAX 025-385-5017
URL http://www.takeuchi-shika.com
診療時間 月~土 9:00~12:00/14:00~19:00
休診日 日・祝日

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております