【新潟】入れ歯の種類やお手入れ方法 保険適用の入れ歯について定期健診も行おう

入れ歯治療には、保険適用とそうでない種類の入れ歯があることをご存知でしょうか。入れ歯は、失った歯の機能を補うとても重要なものです。患者さんが入れ歯にどのようなことを求めるのかによって、入れ歯の設計や使用する素材は違ってきます。

保険適用の入れ歯のメリット・デメリット、良い状態を保つための入れ歯のお手入れ方法など、新潟市江南区にある竹内歯科クリニックがご説明します。

入れ歯の種類

上顎の入れ歯

入れ歯の種類を大きく分けると、全ての歯を失った場合に作る「総入れ歯」と、失った歯を補うように金属のバネで支えを作る「部分入れ歯」の2つです。

保険適用の入れ歯であれば、レジンプラスチックの素材を使用した入れ歯になり、部分入れ歯では歯にかける金属のバネがあるタイプになります。

入れ歯は保険適用外でも製作することができ、この場合は患者さんの要望に応じて熱伝導の良い金属床の入れ歯や、歯にかけるバネのないノンクラスプデンチャーなど、見た目も良い入れ歯を提供することができます。

また、生体用シリコーンを用いたクッション性の高い入れ歯や、磁石を顎骨に埋め込んだアタッチメント式の入れ歯、残っている歯に金属冠をかぶせる入れ歯などもあります。保険適用外であれば、ある程度自由度のある入れ歯設計が可能となるのです。

保険適用の入れ歯のメリット・デメリット

保険適用外の入れ歯治療の場合、患者さんの要望に応じた入れ歯が製作できますが、その分費用がかかってしまうため、初めて入れ歯を製作する方には適していません。

いくら良い入れ歯を製作したとしても、ある程度の違和感が生じてしまうためです。まずは保険適用の入れ歯の使い心地に慣れてもらい、その上でさらに良い入れ歯を製作すると良いでしょう。

保険適用の入れ歯のメリット

経済的負担が少なく、プラスチック製のため修理が行いやすいです。

保険適用の入れ歯のデメリット

プラスチックのため経年劣化が起こりやすく、においや汚れが付着しやすいです。どうしても厚みが増してしまうため、食事の熱が伝わりにくく、味わいが変わって感じられます。部分入れ歯の場合、金属のバネが見えてしまうため、見た目を気にされる方には適していません。

入れ歯のお手入れ方法

黒板に描かれたcheckの文字と虫眼鏡

入れ歯は、義足と同じ人工臓器です。しっかりしたお手入れと定期的なメンテナンスで良い状態を維持できるようにしましょう。

お手入れの方法で重要な6つのポイントをご紹介します。

  • 入れ歯には、熱湯をかけてはいけません。滅菌処理としてお湯を使うと、入れ歯が変形する恐れがあります。
  • 週1回は、入れ歯洗浄剤を使って洗浄しましょう。細かな傷に入り込んだ菌や汚れを取り除いてくれます。
  • 夜は入れ歯を外して就寝しましょう。就寝時にお口の中を傷つけることがあります。ただし、部分入れ歯など歯の隙間を補う役目のある入れ歯は、つけたままでもよいことがあります。
  • 保存する際は、お水に入れましょう。乾燥してしまうと、変形することがあります。
  • 入れ歯を歯ブラシで磨く際には、入れ歯専用のブラシを使い、歯磨剤は使用しないでください。研磨剤の含まれた歯磨剤だと、細かな傷がついてしまいます。
  • 入れ歯を外した後は粘膜も含め、お口全体をクリーニングしてください。総入れ歯の方であっても定期健診を受けて、入れ歯だけでなく、お口の中も綺麗に保てるようにしましょう。

入れ歯は日々のお手入れと定期健診が大切!新潟の竹内歯科クリニックへ

新潟市江南区の竹内歯科クリニックでは、患者さんのニーズに合わせた種類の入れ歯をご提供しています。治療後も良い状態を保てるように、定期健診を行い、継続してサポートします。

お手入れの方法で重要な6つのポイントをご紹介します。

新潟市で入れ歯治療をご希望の方、定期健診もしっかり行いたい方は、新潟市の竹内歯科クリニックへお問い合わせください。新潟駅から車で約15分、駐車場も15台ご用意していますので、お仕事帰りにお越しいただくこともできます。

新潟で保険適応の入れ歯治療を受けたい方は竹内歯科クリニックへ

医院名 竹内歯科クリニック
住所 〒950-0212 新潟県新潟市江南区茜ケ丘7−1
電話番号 025-385-5016
FAX 025-385-5017
URL http://www.takeuchi-shika.com
診療時間 月~土 9:00~12:00/14:00~19:00
休診日 日・祝日

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております