【新潟】入れ歯は必要?歯を失った時の治療 入れ歯の定期健診(メンテナンス)の必要性

「自分の歯を全て失って総入れ歯であれば、定期的なメンテナンスやお口のケアは必要ないのでは?」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、なかには歯を失ってもそのままという方もいらっしゃるかもしれません。新潟市江南区にある竹内歯科クリニックが、入れ歯の必要性や、歯を失った時の治療法についてご説明します。

入れ歯にした場合のメンテナンスについてもご説明していますので、これから入れ歯治療をお考えの方は、参考にしてみてください。新潟市で入れ歯治療を行っている竹内歯科クリニックが、入れ歯治療に関する疑問や不安点にお答えします。

歯を失った時の治療方法

部分入れ歯

失った歯を補う方法として3つ挙げられます。それぞれの治療のメリット・デメリットについてご説明します。

入れ歯

入れ歯は、複数の歯を失った際に行う治療法になります。小さな金属のバネがついた部分入れ歯と、全ての歯を失った際の総入れ歯があります。

入れ歯は患者さんのお口の変化に合わせて形状を変え、新たに歯を失った際にも、比較的楽に歯を継ぎ足すことができるので、メンテナンスしやすいです。

入れ歯は慣れるまでの違和感が強く、食事や会話に支障をきたす恐れがあります。噛む力も元の天然歯よりも弱くなってしまい、食事の味や熱の伝わり方にも変化が見られます。

インプラント

インプラントは、顎に人工の土台を埋めて上部構造を取り付ける治療法になります。インプラントは見た目、噛み心地共に他の2つよりも優れています。周りの健康な歯にも負担をかける心配がないため、1本でも多くの歯を残したいとお考えの方に適した治療法です。

ただし、外科手術を必要とし、経済的な負担も大きくなるのがデメリットになります。

ブリッジ

ブリッジは、1〜2本の歯を失った際に行う治療法です。失った歯の隣の歯を削って連結した被せ物をはめるため、残された歯に大きな負担がかかりますが、保険内で治療を受けることができるため、経済的な負担は少なくてすみます。

失った歯の本数が少なければブリッジかインプラント、本数が多い場合には入れ歯かインプラントという選択になります。全身の健康状態やメンテナンスのしやすさ、費用などを考慮した上で、どの治療法にするか選択すると良いでしょう。

入れ歯は必要?

入れ歯について考える男性

入れ歯治療を受けるかどうかの判断は、患者さんが決めることです。しかし、歯を失ったまま何も処置を行わなかった場合、隣接する歯が倒れこみ、噛み合う歯が伸びてきてしまいます。

歯並びや噛み合わせが崩れてしまうことで、歯周病や虫歯、顎関節症などを併発するリスクが高まります。歯を失ったままにすることは、お口の健康の崩壊の始まりなのです。

また、歯を失うと、しっかり咀嚼できないため、消化不良も起こしやすくなります。歯を失った際にはしっかり治療を受けて、歯の機能を保てるようにしましょう。

入れ歯の定期健診の必要性

「入れ歯は、虫歯にも歯周病にもならないからメンテナンスは必要ない」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。入れ歯は、毎日使用することですり減り、噛み合わせも変化していきます。

顎骨も入れ歯の負担で痩せてくるため、メンテナンスを怠ると、がたつきが出てしまいます。また、お口の粘膜に影響が出ていないかチェックすることも大切ですので、総入れ歯であっても定期的なメンテナンスは必要です。

新潟で入れ歯治療をご検討中の方

新潟市江南区にある竹内歯科クリニックでは、入れ歯治療だけでなく、その後のメンテナンスもしっかり行っています。入れ歯は、失った歯の機能を補う義足のような役割を担います。たとえ総入れ歯であっても、お口の粘膜の変化や入れ歯を支える顎骨の具合によって、メンテナンスが必要です。

新潟市でしっかり入れ歯治療を行う歯科医院をお探しの方は、新潟市江南区の竹内歯科クリニックにご相談ください。

新潟で入れ歯治療にお困りの方は竹内歯科クリニックへ

医院名 竹内歯科クリニック
住所 〒950-0212 新潟県新潟市江南区茜ケ丘7−1
電話番号 025-385-5016
FAX 025-385-5017
URL http://www.takeuchi-shika.com
診療時間 月~土 9:00~12:00/14:00~19:00
休診日 日・祝日

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております