【新潟】矯正歯科で治療が必要な症状(マウスピース矯正) 治療期間 子供の矯正歯科なら

矯正治療は、子供だけでなく、大人も気軽に始めることができます。矯正装置にはいくつか種類がありますが、なかでもより目立ちにくく手軽に始められるのが、マウスピース矯正です。

新潟で矯正歯科に対応している竹内歯科クリニックが、マウスピース矯正のメリット・デメリット、どの程度治療期間がかかるのかをご説明します。マウスピース矯正と通常の矯正治療の違いなどもご紹介していますので、矯正歯科にご興味のある方は、是非ご覧ください。

矯正治療が必要な症状とは?マウスピース治療が行える症状について

矯正治療について考える女性

矯正歯科は、ただ見た目を美しく整えるだけではありません。噛み合わせを整えることで、将来歯列不正で起こりうる、虫歯や歯周病を防ぐことにもつながるのです。歯並びや顎の痛みなど何かしら気になる点があるようでしたら、一度歯科医院に相談してみるのが良いでしょう。

マウスピース矯正は、「気軽に受けられる」「矯正期間中の見た目を気にすることなく始められる」というのがメリットです。しかし、すべての人がマウスピース矯正を受けられるわけではありません。

歯並びが凸凹している、歯の一部分が重なっている、歯に隙間が空いているなど、軽度の場合にマウスピース矯正を行うことが可能です。顎の位置に原因がある場合などは、マウスピース矯正のみの治療には向いていません。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正

マウスピース矯正の大きなメリットは、目立ちにくい点にあります。1人ひとりに適した専用のマウスピースを用いて行うので、ブラケットを用いた通常の矯正治療よりも違和感が少ないです。

人と会話する機会が多い接客業の方でも、治療を受けやすいです。また、自分で取り外しができるのもメリットといえるでしょう。

ブラケットを歯に固定する矯正の場合、歯磨きしにくいため、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。マウスピース矯正であれば、取り外してケアできるため、磨き残しが発生しにくいです。

マウスピース矯正のデメリットは、取り外す時間が長くなってしまうと矯正治療がうまく行かず、予定している治療期間よりも長引いてしまう可能性がある点です。

治療期間はどのくらい?普通の矯正治療とマウスピース矯正の違い

治療期間は一人ひとり異なりますが、歯にブラケットを装着する矯正の場合も、マウスピース矯正の場合も、半年~1年半程度かかります。動的治療期間が終了した後も、保定装置を装着する期間が必要となりますので、すべての治療が終わるのに2〜3年程度かかることもあります。

通常の矯正治療は、月1回の通院で、歯の動き具合の確認や矯正装置の装着を行っていきます。一方マウスピース矯正では、まず歯型を採取して、マウスピースを製作します。1〜2ヶ月に1回の通院で、歯並びの状態をチェックし、定められたマウスピースをお渡しして治療を進めていきます。

マウスピース矯正は自己責任が強い治療法となるため、患者さんの協力が得られない場合だと、治療期間が延びてしまうこともあるので注意が必要です。

子供から大人まで対応可能!新潟の矯正歯科

マウスピース矯正は取り外しができ、治療中の痛みも少ないため、ライフスタイルに制限を加えることなく治療が行えます。ただし、適する症例が少ないのがネックです。新潟で矯正歯科をご希望の方は、新潟市江南区にある竹内歯科クリニックにご相談ください。費用、治療期間、装置など丁寧にご説明します。

子供の矯正は、治療時期を見極め、なるべく負担の少ない矯正治療をご提案させていただきます。子供から大人まで対応していますので、新潟で矯正歯科にご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

新潟の矯正歯科で子供の歯科矯正をお考えなら竹内歯科クリニックへ

医院名 竹内歯科クリニック
住所 〒950-0212 新潟県新潟市江南区茜ケ丘7−1
電話番号 025-385-5016
FAX 025-385-5017
URL http://www.takeuchi-shika.com
診療時間 月~土 9:00~12:00/14:00~19:00
休診日 日・祝日

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております