【新潟】矯正歯科(治療)で抜歯する理由 抜歯しないメリット 金属アレルギーの方の矯正

矯正治療時には、必ず抜歯が必要だと思われている方が、多いのではないでしょうか。子供の場合、適した治療時期を見極めることで、極力抜歯しないで治療を行うこともできます。矯正歯科で抜歯する理由、抜歯しないデメリット・メリットなどを、新潟市江南区にある竹内歯科クリニックがご説明します。

矯正治療は、長期間かかります。矯正期間中に金属アレルギーが出てしまう可能性など、矯正治療におけるアレルギーのリスクに関してもご説明しますので、矯正歯科をご検討中の方はご確認ください。

矯正治療で抜歯する理由とは?

歯の形の入れ物

矯正治療で抜歯する理由は、歯を動かすスペースを作るためです。顎が小さく、歯を綺麗に並べるためのスペースが足りない方だと、抜歯しないと歯並びを整えることが難しくなります。

重度の出っ歯や受け口の方だと、歯列全体を大きく後方に移動させる治療が必要です。しかし、奥歯を支点に引っ張ってしまうと、そのまま奥歯が倒れ込んでしまうリスクがあります。

そのため、噛み合わせに影響を与えにくい第二小臼歯などを抜歯して、矯正を行うのです。

抜歯しないデメリットとメリット

歯の模型の奥歯を抜歯する歯科医

抜歯しないデメリット

症例によっては歯に大きな負担がかかってしまうため、治療期間が長くなることがあります。

また、大きな負荷がかかることにより、歯茎が下がってしまうリスクや、後戻りが起こる可能性も考えられます。

抜歯しないメリット

不必要な天然歯は、1本もありません。将来のリスクを軽減するためにも、健康な歯を残すことはとても重要なことです。抜歯しないことで患者さんの負担も軽減することができ、全体的な咬合力低下や、抜歯による骨の軽減を防ぐことができます。

歯列が完成した大人の矯正治療では、抜歯を必要とすることがありますが、まだ成長期にある子供の矯正治療であれば、極力抜歯しない矯正治療が可能となります。矯正治療に適したスタート時期を見極めて、顎の成長をコントロールしながら歯並びを整えることで、抜歯しない矯正治療ができます。

子供にとって矯正治療は、大きな負担です。抜歯しない矯正治療であれば、子供の負担を軽減させ、前向きに治療を開始することができます。

矯正で金属アレルギーが出る理由とは

金属アレルギーは遅延性アレルギーのため、症状が発症するまでに時間がかかります。治療期間が長くなる矯正治療だと、それだけ金属と接している期間が長くなるため、場合によってはアレルギーを発症してしまう可能性もあります。

金属アレルギーを発症すると、お口の中に口内炎や歯肉炎といった炎症が起こるだけでなく、アトピー性皮膚炎のような全身に症状が現れる場合もあります。必ずしも口の中だけに症状が出るわけではないのです。

金属アレルギーが出やすい金属として、ニッケル・クロム・コバルトの金属があります。どの金属がアレルゲンとなっているのかを特定し、必要であれば使用している矯正装置もアレルギーが起こりにくいものに変更します。マウスピース矯正などの金属を用いない矯正装置を使用することで、治療を継続することができます。

新潟で矯正歯科に対応している竹内歯科クリニック

新潟市江南区にある竹内歯科クリニックでは、患者さんの状態をしっかり把握し、一人ひとりに合った矯正をご提供しています。子供の矯正歯科では、顎の成長をコントロールすることで、極力抜歯しない矯正治療が可能です。

新潟の竹内歯科クリニックは、新潟市にお住いの方が気軽に通える矯正歯科として、金属アレルギーなど様々なリスクを想定した治療を行っています。負担を軽減できるような矯正治療をご提供していますので、新潟で矯正歯科をお探しの方は、お気軽にご相談ください。

新潟で矯正歯科をお探しの方は竹内歯科クリニックへ

医院名 竹内歯科クリニック
住所 〒950-0212 新潟県新潟市江南区茜ケ丘7−1
電話番号 025-385-5016
FAX 025-385-5017
URL http://www.takeuchi-shika.com
診療時間 月~土 9:00~12:00/14:00~19:00
休診日 日・祝日

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております