院長あいさつ

院長あいさつ

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
竹内歯科クリニック、院長の竹内祐一です。

患者さまにとって身近な歯科医院であり、信頼できる歯科医療を提供することを理念に、当院は1996年に開業しました。以来「そもそも病気にならないための健康管理や生活習慣のアドバイス」「病気になってしまってからの急性・慢性疾患への対処」などを中心とした、トータルでの歯科医療サービスを提供しております。

また、痛みがあるところだけを診るのではなく、お口の中全体を診ることで、より正しい診査・診断、そして治療が行えると考えています。そして、患者さまのご希望は、できる限り治療に反映させます。

ただ、よりよい治療を提供するために、患者さまのご希望とは相反するご提案をするかもしれません。もちろん、すべてカウンセリング時にていねいにご説明し、納得いただいた上で治療に入ります。

「みんなが幸せになるような歯科医療を提供したい」というのが、歯科医師になってからの変わらぬ思いです。患者さまとそのご家族、そして私たちドクターやスタッフが揃って幸せになれるような治療を、これからもご提供してまいります。

たくさんの患者さまと出会って感じた、歯科医師としてのやりがい

院長あいさつもともと物事に没頭するタイプだった私は、将来は人類学や考古学などの研究を生業にする学者になりたいと思っていました。しかし、両親から強く勧められて歯科医師の道に進みました。おそらく両親としては、私の性格から考えて、歯科医師が合っていると思ったのではないでしょうか。

その助言に従って歯科大学に進学したのはよいのですが、どうしても本気になることができませんでした。そのため、大学時代は「どうしたら辞められるだろう」と、そればかり考えていました。

そんな歯科医師に対する思いが変わったのは、卒業して一般の歯科医院で働き出してからです。開業までに3つの歯科医院でお世話になったのですが、その中で多くの患者さまと接し、治療を終えて笑顔で帰られる姿を見るたびに、歯科医師としてのやりがいを感じるようになったのです。

「自分の技術でもっとたくさんの人を幸せにしたい」

そんな思いが日に日に強くなり、また、自分が生まれ育ったこの地に歯科医師として還元したいという思いもあって、竹内歯科クリニックを開業しました。

新しい技術や知識を吸収し、すべてを患者さまのために

院長あいさつただ、学生時代にそれほど熱心に勉強をしてこなかったため、働き始めてからは自分の実力のなさに情けない思いを何度もしました。そのため、さまざまな研究会や学会、講習会に参加して、歯科医師として吸収できることはどんどん吸収してきました。

そんな中で出会ったのがテレスコープデンチャーであり、抜かない矯正治療です。また、インプラントの100時間コースにも参加し、安全に配慮したインプラント治療を提供できるノウハウを身につけることができました。

もちろん、講習会などに参加したからといってすべてがすぐに治療に役立つとは考えていません。ただ、テレスコープデンチャーの稲葉先生が主催するIPSGにはもう10年以上所属しており、入れ歯や噛み合わせの治療に関しては多くの経験を積み重ねてきました。

たとえば普通のむし歯なら、どこの歯科医院に通っても完治できると思います。しかし、普通のむし歯ではない症状に苦しめられている方もたくさんいらっしゃると思います。そんな網から溢れるような方々を一人でも多く助けたいと思います。

そのために、これからも貪欲に学ぶ姿勢を忘れず、新しいことに積極的にチャレンジしていきたいと思います。

院長プロフィール

院長あいさつ竹内歯科クリニック 院長 竹内 祐一

【経歴】
新潟市出身
1988年 日本歯科大学卒業
1996年11月 竹内歯科クリニック開業

【所属学会・資格】
日本顎咬学会 認定医
日本化学療法法学会
日本歯科人間ドック学会
ピエール フォシャールアカデミー
IPSG
国際歯周内科学研究会
日本ヘルスケア歯科研究会
抗加齢歯科医学研究会
ドライマウス研究会

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております