その他の入れ歯

金属床金属床
金属床義歯とは、義歯の粘膜に接する部分を金属にしたものです。この金属部分を金属床と呼びます。金属床義歯は、普通の義歯(プラスチック)と比較して熱伝導性が高いため、食べ物の温度が伝わりやすく食事が美味しい、清潔さを保てる、薄くて丈夫、装着感が快適、などのメリットがあります。

●床の部分に用いられる金属の種類
・コバルトクロム床:最もオーソドックスな金属の入れ歯です
・チタン床:軽くてアレルギー反応も起こりにくい材質です
・金床:最も熱の伝わりがよく、体にやさしい素材です

<金属床のメリット>
・丈夫なため落としても壊れにくい
・プラスチックよりも薄く、違和感が少ない
・金属製なので、食べ物の温度が伝わりやすい

<金属床のデメリット>
・調整がしにくく、壊れたときにも修理しにくい
・口を大きく開けたとき、金属部分が目立つことがある
・金属アレルギーが起こることがある

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャーとは、金属の留め具がない入れ歯のことです。金属の留め具がないため、金属アレルギーの心配がありません。また、薄くて超軽量の上、しなやかさを兼ね備えています。しなやかさは、お口の中での安定を守ります。入れ歯なのに目立たないため、審美的な面でも非常に優れています。

<ノンクラスプデンチャーのメリット>
・装着しても目立たない
・違和感が少ない
・壊れにくい
・掃除がしやすく衛生的

<ノンクラスプデンチャーのデメリット>
・素材が長持ちしない

シリコンデンチャーシリコンデンチャー
歯ぐきにやさしく、柔らかい素材を使用した新しい入れ歯です。生体用シリコンの粘弾性が咬合力をアップします。また、消化粘膜組織および歯槽骨の保護により、長期にわたる義歯の維持安定を実現します。安定性と耐久性に優れ、長期間の使用が可能な上、生体への高い安全性と信頼性を確保しています。

<シリコンデンチャーのメリット>
・金属のバネを使わないため、入れ歯だと気づかれにくい
・柔らかいシリコンなので、装着時の違和感が少ない
・歯肉への密着力が高く、歯肉で支えるので、ほかの健康な歯にかかる負担が少ない

<シリコンデンチャーのデメリット>
・歯肉が痩せてきたときの調整が難しい

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております