インプラントと入れ歯・ブリッジとの違い

インプラント歯というのは、互いに支え合うことで歯列をつくっています。しかし、残念ながら歯を失ってしまったときにそのまま放っておくと、両隣の歯の位置がずれてしまいます。その結果、噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。そのため、何らかの方法でなくした部分の歯を補わなければなりません。

インプラントは、入れ歯やブリッジの欠点をなくした新しい治療法です。以前は、失った歯を補うための治療法として入れ歯やブリッジが行われていました。しかし、ブリッジは支えている歯に負担がかかり、むし歯や歯周病になるリスクが高まります。また、入れ歯はバネのかかっている歯がグラグラして咬めなくなり、反対側の健康な歯まで痛めてしまうリスクがあります。

ブリッジも入れ歯も残存歯を痛めてしまう可能性があるため、残っている歯を健康的に守りたい方にはインプラントをお勧めします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております