歯並びが気になるお子さまには

小児歯科子どもの場合、歯並びが悪いと食べ物がうまく咬めず、飲み込んだり、早食いの癖がついたりしてしまうことがあります。また同時に、顎をあまり使わなくなるので、顎の成長も遅れてしまいます。さらに、口呼吸になる、言葉がうまく発音できないといった悪影響も考えられます。

一般的に、小児矯正を始めるのは永久歯の前歯と奥歯が生えてくる頃だとされています。お子さまの歯並びが気になる場合は、6~7歳頃に診断を受けることをお勧めします。顎の変形が強いときは、幼児期のうちにご相談ください。

小児矯正についてはこちら 「矯正治療」へ

●保護者の方へのお願い
お子さまにとって最もうれしいのは、保護者の方に褒められることです。ですから治療に限らず、ご自宅でも、歯磨きができたり甘いモノを我慢できたりしたときは、思いっきり褒めてあげてください。そうすることで、お子さまは歯の大切さを学んでいきます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております