むし歯の進行状態と治療方法

「歯が痛くないから、むし歯はない」と思っていませんか?実は、自分がむし歯だと気づいていない方はたくさんいらっしゃいます。

むし歯には5段階の進行状態があり、その状態によって治療方法も変わります。まずは、自分のむし歯が今どんな状態かを把握し、日々のケアや必要な治療を行っていくことが大切です。ここでは、むし歯の進行状態と治療方法をご紹介します。

【1】CO:初期むし歯Co
症状:歯が少し溶け出しているだけで、まだ穴は開いていない初期のむし歯です。

治療方法:毎日の歯磨きで対処できます。ぜひブラッシンク指導をお受けください。また、むし歯を抑える効果が期待できるフッ素塗布を行うことで、より改善が見込めます。

【2】C1:エナメル質う触C1
症状:歯の表面はエナメル質に覆われています。C1は、エナメル質に穴が開いた状態です。しかし、この段階ではまだ痛みはありません。

治療方法:むし歯部分を削り、一般的にはレジンという歯科用プラスチックを詰めます。

【3】C2:象牙質う触C2
症状:むし歯が象牙質にまで達しています。しかし、まだ神経までは達していないので、強く痛むことはありません。ときどき甘いものなどがしみることがあります。

治療方法:むし歯部分をできるだけ最小限削って、被せ物をします。

【4】C3:神経まで達したう触C3
症状:歯髄まで、むし歯に冒された状態です。歯髄には神経がとおっています。放っておくとむし歯菌が炎症を引き起こし、歯根膜炎になることもあります。この段階になると、激しい痛みを感じます。

治療方法:歯の神経を抜いて被せ物をします。

【5】C4:残根状態C4
症状:すでに歯の根しか残っていません。神経が死んでいるので、痛みはあまり感じなくなります。

治療方法:この状態では抜歯する可能性が高くなります。抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯を用います。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております