小児から成人まで、矯正治療で自信に満ちた笑顔を

矯正治療は、単に見た目をよくするだけの治療ではありません。歯磨きがしづらく、むし歯や歯周病になりやすかった歯を健康にし、コンプレックスを解消することで精神的な明るさを取り戻します。

矯正治療

矯正治療とは、力が加えられると動くという歯の性質を利用し、矯正装置を使って人工的に歯を正しい位置へ動かし、悪い歯並びや噛み合わせを治す治療のことです。

歯並びが悪ければ噛み合わせも悪くなるため、全身の健康に影響を与えたり、精神的にも大きな負担になったりします。また、どうしてもむし歯や歯周病になりやすくなります。

歯並びや噛み合わせが気になる方、これから矯正治療を始めたいと思っている方は、お気軽にご相談ください。

矯正治療を始める時期
お子さまの矯正治療は、早く治療をスタートすればよいわけでも、遅くスタートしてもよいわけでもありません。症状によって、早い時期に治療をしたほうがよいケースもありますし、永久歯がある程度生え揃ってからなど、患者さまごとに最適なスタート時期が変わってきます。また、成人になってからでも矯正治療は可能です。

【当院の矯正治療の特徴】できるだけ歯を抜かない矯正

非抜歯矯正当院では、できるだけ歯を抜かずに矯正治療を行っています。最近では抜歯するのが当たり前という考え方が広まっていますが、天然の歯に勝るものはありません。

当院の院長は、抜かない矯正治療の第一人者である阿部和弘先生に師事し、非抜歯矯正の技術を習得しました。非抜歯ならば患者さまの負担も減り、痛みも少なくてすみます。時間とテクニックを費やし、できる限り歯を抜かずに美しい歯並びを実現します。

小児矯正

小児矯正お子さまの歯並びは、適切な時期に適切な処置をすることで、負担を少なく症状を改善したり軽くしたりすることができます。逆に、適切な時期に処置をしなければ、非抜歯の矯正が難しくなる可能性もあります。また、歯並びの乱れは顎や骨格などの成長に悪影響を与え、噛み合わせや顎関節などにも影響します。お子さまの歯並びが気になる場合は、早めの来院をお勧めします。

≪治療時期の目安≫
●幼児期 3~5歳くらい
噛み合わせが反対の場合は、一度専門医での相談をお勧めします。

●7歳前後(前歯が生え変わる時期)
歯並び・噛み合わせについて、歯科医院でチェックすることをお勧めします。

●小学生(2~3年生ぐらいから)
歯並び・噛み合わせに問題がある場合、顎の成長と歯の生え変わりに合わせて矯正治療を行うのに適した時期です。

●中学生・高校生
歯並び・噛み合わせに問題がある場合、矯正治療をお勧めします。

床矯正は最小限しか使いません小児矯正
子どもの矯正と言えば床矯正が一般的ですが、当院では床矯正による治療は最小限しか行いません。床矯正は確かに、顎を拡げて歯の生えるスペースを確保するには最適な装置ですが、最近の研究で発育期の子どもの舌や脳に悪影響をおよぼす可能性が指摘されています。

また取り外しができるので、きちんと使っていただけるかが患者さま任せとなってしまいます。さらに、後戻りをすることもデメリットだと考えています。そのため当院では、ブラケットをつけられる年齢になってから、本格的な矯正治療を始めることをお勧めしています。

成人矯正

成人矯正矯正治療に年齢は関係ありません。いくつになっても歯は動きます。ただし成人の場合は、仕事や生活環境など、患者さまの置かれている状況によって求めるものは違います。すでに体が成長しきっているため、治療が終わるまでに時間がかかることもあります。

それぞれの状況に合わせた最適な治療方法をご提案することで、患者さまの生活に負担をかけない矯正治療を実現します。

目立ちにくく、取り外しもできる【マウスピース矯正】
取り外しができる透明のマウスピースを使って、矯正治療を行うことも可能です。マウスピース矯正は審美性に優れ、とても目立ちにくい見た目です。また、ブラケットを装着するより違和感も少ないという特徴もあります。

ただ、重度の患者さまには適しません。過去に一度矯正をしてずれてしまった方や、前歯の重なりが気になる方など、若干の調整や部分的な矯正に適しています。

一般歯科で矯正治療をするメリット

矯正治療矯正治療は専門医院で行うほうがよいと思われがちですが、一般の歯科医院で行うメリットも少なからずあります。一般の歯科医院であれば、矯正治療と同時にむし歯治療なども行えますし、成人矯正後、詰め物や被せ物の治療が必要な場合でも直ぐに対応できます。

また何よりもかかりつけ医なら、メンテンナンスと同時に定期的に歯並びのチェックを行えます。そのため、適切な時期から矯正治療を始めることができます。

矯正治療の流れ

【STEP1】初診・カウンセリング
患者さまが気になる部分を問診し、実際にむし歯や歯周病、噛み合わせなどをチェックします。そのあと、治療期間、費用、装置や治療法などについてもご相談します。不安なことや疑問点がございましたら、お気軽にお尋ねください。

次へ
【STEP2】精密検査
顔・顎・歯のX線写真や口腔内の写真を撮影します。歯型を採り、お顔や口元のバランス、噛み合わせの検査などを行います。

次へ
【STEP3】診断・治療計画の決定
精密検査の結果をもとに、今後の具体的な治療方法、使用する装置、期間、費用などを詳しくご説明します。ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

次へ
【STEP4】治療スタート
子どもと大人の矯正は、治療の内容が変わります。詳しくはカウンセリングの際にご説明します。

次へ
【STEP5】保定観察
歯並びがきれいになり、問題なく咬めるようになったら矯正装置を外し、リテーナー(正しい歯並びを安定させる装置)をつけます。

保定観察が終わったら矯正治療完了です。ただし、リテーナーを取り外したあと、歯が元に戻ったり新たな不正咬合を起こしたりする場合があるので、治療後も年に一度は、歯並びのチェックを欠かさず行います。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております