インプラント

カウンセリングに時間をかけ、担当のスタッフがていねいにご説明します。また、技術的なことは歯科医師がしっかり説明します。不安があれば遠慮なくご質問ください。

インプラント

インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。失われた歯の場所に歯根の代わりとなる人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取りつける治療法を「インプラント治療」と言います。

インプラントは「第2の永久歯」と言われるほど、機能的にも見た目的にも天然の歯に最も近く、近年ではインプラント治療を受ける方が急速に増えています。

ただし、インプラント治療はどなたでもできるという治療法ではありません。歯科医師が治療可能かどうか診断します。興味がある方は、ぜひご来院ください。

インプラント治療とはインプラント
インプラント治療とは、何らかの原因で失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のネジを埋め込み、被せ物をして、人工の歯をつくる治療です。失った歯と同じように機能させることが可能な、画期的治療法です。

<インプラントのメリット>
・自分の歯と同じ感覚で食べることができる
・口元のコンプレックスを解消できる
・歯を失った部分のみ治療でき、ほかの歯に負担をかけない

インプラントと入れ歯・ブリッジとの違い

インプラント歯というのは、互いに支え合うことで歯列をつくっています。しかし、残念ながら歯を失ってしまったときにそのまま放っておくと、両隣の歯の位置がずれてしまいます。その結果、噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。そのため、何らかの方法でなくした部分の歯を補わなければなりません。

インプラントは、入れ歯やブリッジの欠点をなくした新しい治療法です。以前は、失った歯を補うための治療法として入れ歯やブリッジが行われていました。しかし、ブリッジは支えている歯に負担がかかり、むし歯や歯周病になるリスクが高まります。また、入れ歯はバネのかかっている歯がグラグラして咬めなくなり、反対側の健康な歯まで痛めてしまうリスクがあります。

ブリッジも入れ歯も残存歯を痛めてしまう可能性があるため、残っている歯を健康的に守りたい方にはインプラントをお勧めします。

【当院のインプラント治療の特徴】HAインプラント体

HAインプラント体当院ではHAインプラントを採用しています。HAインプラントとは、チタンの表面に骨と同じ組成でできた生体材料「ハイドロキシアパタイト」をコーティングしているインプラント体のことです。親和性が高く、インプラント体と骨との結合が非常に積極的に行われるのが特徴です。

【当院のインプラント治療の特徴】抜歯即時埋入

抜歯即時埋入最低でも2回の外科処置が必要なのが、これまでのインプラント治療でした。抜歯即時埋入は抜歯後すぐにインプラントを埋入するため、患者さまの時間的・費用的負担を軽減します。ただし、すべての患者さまに適応できるわけではありません。抜歯する歯の場所や状態によって適応できない場合がありますので、カウンセリング時にご相談ください。

【当院のインプラント治療の特徴】増骨手術

増骨手術むし歯や歯周病がひどくなって抜歯をした場合、顎の骨が次第に薄くなってしまいます。そのような方は一般的にインプラントをするのは非常に難しいのですが、増骨手術をすればできるようになる可能性があります。

GBR
初めに骨が不足している部位を特殊な膜で覆い、骨をつくるスペースを確保します。そのスペースに骨と同様の組成で自家骨に置き換わっていく補填材を詰めていき、骨の再生を促していきます。人工骨以外に、健康な顎の部分からとった自家骨を砕いて使う場合もあります。

【当院のインプラント治療の特徴】万全の感染対策

万全の感染対策院内の機械や器具の消毒、歯科医師やスタッフの手洗いには、電解中性殺菌水を使用しています。電解中性殺菌水は、含有する次亜塩素酸の強い酸化力と残留塩素の作用により、強力な殺菌力を発揮します。そのため、ほとんどの細菌・ウイルスが殺菌されます。

また、院内を衛生的に保つため、除菌機能のついた移動用の空気清浄機を複数設置しています。空気清浄と同時にマイナスイオンも発生しますので、快適な環境で治療を受けていただけます。

【当院のインプラント治療の特徴】5年間の保証

5年間の保証当院では、インプラント治療に5年保証を設けております。ただし、定期的なメンテナンスにご来院いただくことが条件となります。詳しくはお問い合わせください。

インプラント治療の流れ

【STEP1】診査・診断インプラント治療の流れ
インプラントを埋め込む顎の形や噛み合わせを診査するため、お口の中の型を採ります。また、顎の骨の量や質を検査するために、レントゲン撮影、CT撮影を行います。

次へ
【STEP2】手術インプラント治療の流れ
麻酔をかけて行いますので痛みはありません。骨を削ってインプラントを埋め込み、蓋を取りつけて粘膜を閉じます。骨の状態などによって術式が異なります。

●1回法の場合インプラント治療の流れ
1回法の手術の場合は、大きめの蓋を取りつけ、お口の中にその蓋が見えるようにして手術を終了します。

●2回法の場合インプラント治療の流れ
2回法の手術の場合は、1回目手術の治療期間終了後、粘膜を開けて、大きい蓋に取り替える2回目の手術を行います。

次へ
【STEP3】仮歯装着インプラント治療の流れ
手術のあと、場合によっては仮歯をつくり、実際に使用していただきながら形態や装着感などを確認します。噛み合わせや強度に違和感があれば歯科医師と相談し、本歯の製作に向けてデータを集めていきます。

次へ
【STEP4】最終的な歯の装着インプラント治療の流れ
仮歯の装着で得た情報を基に歯並びや色をチェックして、最終的な本歯を製作します。製作した本歯を装着し、治療が完了します。

次へ
【STEP5】メンテナンスインプラント治療の流れ
治療が終わったあとも、定期検査をしながらしっかり管理していきましょう。

インプラントに関するよくあるご質問にお答えします

Q.インプラントができない人はいますか?
A.以下の方は、インプラント治療ができない可能性があります。詳しくはお問い合わせください。

骨粗しょう症の方/糖尿病の方/喫煙量の多い方/定期的な口内管理・メンテナンスができない方/顎の骨が薄い方/特定の全身疾患がある方

Q.痛みはありますか?
A.手術中は麻痺をしっかりとかけますので、痛みはほとんど感じません。また、お口の中は体のほかの部分と比べると治りやすい部分でもあります。実際に手術された患者さまの感想は「思ったよりも楽だった」というものがほとんどです。

Q.手術時間はどれくらいですか?
A.手術時間はインプラント体の数や手術の難易度によって異なり、個人差がありますが、通常、1本30分~1時間程度です。

Q.費用はどれくらいかかりますか?
A.症状や治療の内容により負担費用額は異なりますので、歯科医師にご相談ください。インプラント治療には健康保険が適用されませんが、医療費控除の対象となることもあります。

Q.インプラントはどれくらいもちますか?
A.近年、インプラント治療の成功率は飛躍的に伸びています。20年累積残存データとして、上顎90%以上、下顎95%以上と言われています。これは上顎の骨質が下顎より弱いためです。
また、インプラントを40年以上使用している患者さまもいらっしゃいます。

Q.手術後に気をつけることはありますか?
A.歯科医師による定期検診と、ご自身による毎日のケアが必要です。きちんとしたメンテナンスを継続することによって、インプラントを長く快適に使っていくことができます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております