小児歯科

お子さまの成長に合わせた最適な治療を提供します。小さなお子さまも通いやすいように、畳を敷いたキッズスペースもご用意しています。

小児歯科

「子どもの歯がむし歯になっても、生え変わるから放っておいても大丈夫」そんな風に思っていませんか?

子どもの歯は生え変わるから大丈夫、というのは間違いです。子どもの歯の健康は、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の体の発育にまで影響します。お子さまの歯が痛みだしたり腫れたりしたら、迷わずご来院ください。当院ではお子さまの正常な成長発育のため、治療とともに予防歯科にも力を入れています。

まずは、慣れることから始めましょう小児歯科
小さなお子さまには、治療を始める前に必ず練習をしてもらいます。練習と言っても難しいものではありません。器具を触ったりうがいをしたりすることで、少しずつチェアに座ることに慣れていただきます。焦らず、少しずつ段階を追って治療をしていきます。前回来院したときより少しでも前進していることがわかれば、お子さまにとっての自信につながります。

初めは無駄足を繰り返すことになるかもしれませんが、不思議なことに、ある日突然できるようになるものです。それまで辛抱強く、お子さまを見守りましょう。

必要があれば、抑えつけて治療することもあります
子どもの治療は、お子さまの状態によって取り組み方が変わります。そのため、保護者の方の了承さえいただければ、抑えつけてでも治療をするほうがベストなこともあるのです。少し頑張ればこの子はできると判断した場合は、そのようなご相談をさせていただくかもしれません。もちろん、治療後はきちんと褒めて、ご褒美も用意しています。

お子さまも定期検診を受けましょう

小児歯科定期的に検診を受けると、最初に受けた年齢が小さいほどむし歯になる確率が少ないというデータがあります。ご家庭での歯磨き習慣などのケアはもちろんですが、半年に一度は歯科医院で歯科検診を受けられることをお勧めします。

当院ではむし歯のチェックのほかに、ブラッシング指導や食生活のアドバイスも行っています。

お子さまのむし歯予防

シーラント小児歯科
ブラッシングがしづらい奥歯の溝に薄いプラスチックを詰めて、汚れが溜まらないようにする治療方法です。毎日しっかり歯磨きをしても、完全に汚れを落とすのは難しいものです。シーラントをすれば汚れが取りにくい部分が少なくなり、むし歯になるリスクを軽減します。

フッ素塗布小児歯科
新潟市は4歳未満児に対してフッ素塗布を推奨し、むし歯の子どもの割合を劇的に減らすことに成功しました。当院でもフッ素塗布を実施し、お子さまの歯の健康をお守りしています。フッ素には、歯の再石灰化を助け、歯の質を強くする働きがあります。そのため、お子さまのむし歯予防には最適です。

歯並びが気になるお子さまには

小児歯科子どもの場合、歯並びが悪いと食べ物がうまく咬めず、飲み込んだり、早食いの癖がついたりしてしまうことがあります。また同時に、顎をあまり使わなくなるので、顎の成長も遅れてしまいます。さらに、口呼吸になる、言葉がうまく発音できないといった悪影響も考えられます。

一般的に、小児矯正を始めるのは永久歯の前歯と奥歯が生えてくる頃だとされています。お子さまの歯並びが気になる場合は、6~7歳頃に診断を受けることをお勧めします。顎の変形が強いときは、幼児期のうちにご相談ください。

小児矯正についてはこちら 「矯正治療」へ

●保護者の方へのお願い
お子さまにとって最もうれしいのは、保護者の方に褒められることです。ですから治療に限らず、ご自宅でも、歯磨きができたり甘いモノを我慢できたりしたときは、思いっきり褒めてあげてください。そうすることで、お子さまは歯の大切さを学んでいきます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております