一般歯科

当院では、できるだけ歯を削らないMI(ミニマムインターベンション)治療に取り組んでいます。

一般歯科

いつまでも美味しく食事をいただくには、健康な歯が欠かせません。そのためには、お口の中の環境を常によい状態で保つことが大切です。当院では、可能な限り健康な歯を削らず、なるべく抜かないMI(ミニマムインターベンション)治療に取り組んでいます。

噛み合わせの回復などのためには削る場合もありますが、その際はもちろん、患者さまとご相談の上で行います。

できるだけ歯を削らない【MI治療】MI治療
MI治療とは「最小限の侵襲」と訳され、むし歯の部分だけを削り取る治療法です。

通常のむし歯治療では、予防のために健康な部分まで削り取ります。また、状況によっては神経を取ることもあります。これは、治療した歯が再びむし歯になったり詰め物が外れたりすることを避けるためです。

しかし歯は、一度削られると二度と元には戻りません。また、神経を取った歯は、健康な歯に比べて歯質が弱くなります。MI治療なら、むし歯部分だけを慎重に削り、神経を取らずに治療することで歯の寿命を延ばすことができるのです。

<MI治療のメリット>
・健康な歯をほとんど削らない
・神経を保存できる可能性が一番高い
・修理や修正が容易

できるだけ抜かない治療できるだけ抜かない治療
歯を抜くかどうかも慎重に決定します。もちろん、できるだけ抜かない方法を考え、抜かないことでどうしてもデメリットが多い症例のみ、抜歯をご提案します。その際は、しっかりと抜歯のメリット・デメリットをご説明し、最終的には患者さまご自身でお選びいただきます。

当院では、常に患者さまのメリットを考えた治療を心がけております。「人前に出る機会があるから今は抜けない」など、ご要望にはできるだけお応えしますので、ご相談ください。

削らずにむし歯を治療する【3Mix法】

3Mix法3種類の薬剤を使ってむし歯菌を除菌し、むし歯の進行を止める治療法です。

歯の内側にある象牙質には、目に見えないほど細い象牙細管という管が通っているため、むし歯菌をすべて取り去ったつもりでも、象牙細管の中にむし歯菌が入り込んでいることがあります。そうなると、詰め物や被せ物の内側でむし歯が再発してしまいます。

そのような状態を避けるために誕生したのが3Mix法です。3Mix法なら、深いむし歯でも神経を抜かずに治療できます。

痛くない治療へのこだわり

痛くない治療へのこだわり当院では、患者さまが快適に治療を受けられるように、できるだけ痛みの少ない治療を提供することにこだわっています。

初期のむし歯は、それほど痛みを感じません。しかし、歯が痛くなってからご来院される患者さまにとっては、治療でまで痛い思いをしたくないはずです。そのため、できるだけ削らない治療に取り組み、レーザー治療も積極的に行っています。また、麻酔注射のときは、培ったテクニックによって痛みを感じさせません。

むし歯の進行状態と治療方法

「歯が痛くないから、むし歯はない」と思っていませんか?実は、自分がむし歯だと気づいていない方はたくさんいらっしゃいます。

むし歯には5段階の進行状態があり、その状態によって治療方法も変わります。まずは、自分のむし歯が今どんな状態かを把握し、日々のケアや必要な治療を行っていくことが大切です。ここでは、むし歯の進行状態と治療方法をご紹介します。

【1】CO:初期むし歯Co
症状:歯が少し溶け出しているだけで、まだ穴は開いていない初期のむし歯です。

治療方法:毎日の歯磨きで対処できます。ぜひブラッシンク指導をお受けください。また、むし歯を抑える効果が期待できるフッ素塗布を行うことで、より改善が見込めます。

【2】C1:エナメル質う触C1
症状:歯の表面はエナメル質に覆われています。C1は、エナメル質に穴が開いた状態です。しかし、この段階ではまだ痛みはありません。

治療方法:むし歯部分を削り、一般的にはレジンという歯科用プラスチックを詰めます。

【3】C2:象牙質う触C2
症状:むし歯が象牙質にまで達しています。しかし、まだ神経までは達していないので、強く痛むことはありません。ときどき甘いものなどがしみることがあります。

治療方法:むし歯部分をできるだけ最小限削って、被せ物をします。

【4】C3:神経まで達したう触C3
症状:歯髄まで、むし歯に冒された状態です。歯髄には神経がとおっています。放っておくとむし歯菌が炎症を引き起こし、歯根膜炎になることもあります。この段階になると、激しい痛みを感じます。

治療方法:歯の神経を抜いて被せ物をします。

【5】C4:残根状態C4
症状:すでに歯の根しか残っていません。神経が死んでいるので、痛みはあまり感じなくなります。

治療方法:この状態では抜歯する可能性が高くなります。抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯を用います。

根管治療

当院では、できる限り歯を抜かないために歯の根管をキレイにする根管治療にも力を入れています。

根管治療根管は、お口の中の健康を維持するために大切な役割を果たしている部分です。根管治療では、むし歯菌をキレイに取り除かなければ再発してしまう恐れがあるため、非常に高い技術を要します。

カウンセリングでしっかりていねいに治療内容をご説明しますので、根管治療に不安を感じている方もご安心ください。

根管治療とは
むし歯菌が歯の神経にまで達した場合、歯の神経のとおっている管内を洗浄する必要があります。それが根管治療です。

具体的には、むし歯を完全に除去し、さらに根管からだめになった神経を除去します。その後、できた空洞部分をていねいに洗浄し、薬を詰めて被せ物を装着します。処置時に根管内に細菌を入れてしまったり、薬がきちんと詰めきれずに細菌が再繁殖してしまったりすることがないよう、細心の注意が必要です。むし歯菌がわずかでも残ると再発の可能性があります。そのため、根管治療には精密な技術が必要です。

【当院の根管治療の特徴】半導体レーザーや高周波治療器

高周波治療器当院では、半導体レーザーを使った根管治療も行っています。高出力によるハードレーザーと低出力によるソフトレーザーの使い分けができるのが、半導体レーザーの特徴です。

神経が侵されていない場合は、半導体レーザーを併用した治療を行うことで神経を抜かなくてすむこともあります。また、再発防止のために、高周波治療器を使った滅菌処理も行っています。

根管治療の流れ

根管治療の流れ【STEP1】むし歯部分を、器具を用いて取り除く
次へ
【STEP2】治療しやすいよう神経のスペースに穴を開ける
次へ
【STEP3】専用の器具を使って歯の根の感染部分を除去する
次へ
【STEP4】菌が入らないように、炎症が起きている根管の先まで薬を詰めて封鎖する
次へ
【STEP5】治療した部分に、症例によって適切な詰め物・被せ物を取りつける

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております