痛みを取り除くだけでなく、お口の中をトータルでケアします

何度も歯科医院に通っているのに、全然むし歯が治らない。そんな経験はありませんか? その場合、お口の中全体をトータルで診断する必要があるかもしれません。

総合的な診断

歯の治療は、痛みさえ取れればいいと思っていませんか?しかし、痛くなるたびに歯科医院に行って痛みを取るだけの治療を続けていても、根本的な解決にはなりません。痛くなった歯を治療するのは対症療法に過ぎないからです。

なぜ痛くなったのか、その根本的な原因を考えて適切な治療を行わなければ、また再発してしまったり、次々と歯が悪くなったりする可能性があります。

また、いくら真面目に歯科医院に通っても、適切な診査・診断をなくして最適な治療は行えません。当院では悪くなった歯だけを診るのではなく、患者さまの状況や検査結果などからお口の中全体をトータルでケアする総合的な治療を行っています。

歯のトラブルを再発させないために総合的な診断
むし歯は、歯垢に潜んでいるむし歯菌がプラークから歯石となり、増殖することが原因で起こります。そのため、毎日のブラッシングや定期的なメンテナンスでむし歯菌を除去する必要があるのですが、患者さま一人ひとりのむし歯菌が溜まりやすい場所は異なり、その原因もさまざまです。

たとえば噛み合わせが悪いために歯の表面を覆うエナメル質が傷つき、そこからむし歯になってしまうことがあります。この場合、根本原因である噛み合わせのずれを解消しない限り、いくらむし歯の治療をしても必ず再発してしまいます。

そのため、当院ではたとえ1本のむし歯でも、噛み合わせのずれが疑われる患者さまには咬合器を使ってきちんと噛み合わせを測定することをお勧めしています。当院では痛みを取るだけの対症療法ではなく、噛み合わせをはじめとする総合的な診断で、再発させない治療を実現しています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております